今の仕事をやめて新しい業界で働きたい、そんな場合に介護士を目指す方が多くいます。介護士に転職するメリットとして、職場の選択肢が多いこと、そして景気の影響を受けにくいことなどが挙げられるでしょう。介護業界は人手不足となっているため、求人募集数が非常に多く、転職しやすい傾向となっています。また一言に介護士といっても、働き方は様々です。医療施設や養護老人ホーム、そして訪問介護ステーションなど様々なタイプの施設が存在しています。
施設の種類によって、夜勤や残業の有無に違いがあるのもポイントです。たとえば訪問介護ステーションの介護士になった場合、基本的には決まった勤務時間帯内で働くことになるでしょう。24時間対応を行っている場合もありますが、多くの場合こうしたサービスは午後17時程度までの営業となっているためです。高収入を目指すなら、夜勤専従の介護職員として働くという選択肢もあります。特別養護老人ホーム等では、夜勤をメインに行う介護士も多く募集されているのです。夜勤専従介護士は日勤で働く介護士よりも給与が高く、休日出勤も少ないといわれています。
未経験者を歓迎する施設が多い点も、介護士に転職するメリットの一つだといえるでしょう。研修制度が用意されている施設に勤めれば、初心者からスタートし働きながらキャリアアップを目指す、といったことも可能です。未経験の業界で働いてみたい、そう考えている方に介護業界は最適かもしれません。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 前向きなジョブチェンジ. All Rights Reserved