介護士にとって転職は珍しい事ではありません。更なる良い条件を求めて、自分のステップアップのためになど、人によって転職理由も様々です。基本的に介護職は働く場所がたくさんあり、施設によって特徴も異なりますので、色々な場所で仕事を経験するのは悪い事ではありません。それが自分の経験値となり、将来的に活かす事も出来るのです。ただし中にはブラック施設と言われている所もあるため、甘い言葉に騙されず見極める力も必要になります。
雇われる職員にとってブラック施設だと感じるポイントは、まず労働時間が守られていない事です。これは人手が少ない小さな事業所で起こりがちで、中には1か月の間にほとんど休みが取れないケースもあります。サービス残業は当たり前、月に10日以上もの夜勤が組み込まれているような所は、精神的にも肉体的にも限度を超えてしまいます。また、派遣で働いていた人に直接雇用となるパートになるよう執拗に迫ったり、非常勤の雇用しかしていないような所は健全な事業所とは程遠く、ブラック施設と判断できます。その他、自分達の知らない所で、介護報酬の不正受給が行われている場合もあります。これに関しては現場の職員はノータッチなので、巻き込まれた場合は不運としか言いようがありません。しかし、こういった話は噂話として流れてくる事もあります。どこかでそのような噂話を聞き、経営陣に不審感を持つような事があれば、巻き込まれない内に他の施設への転職した方が賢明と言えます。守るべきことを守らない、不審感を持ってしまうようなブラック施設で長く働く必要は無いのです。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 前向きなジョブチェンジ. All Rights Reserved